タニタ食堂の金芽米ごはん

SNSフォローボタン

フォローする

タニタは体重計の有名メーカーです。

このタニタさん、体重計メーカーらしく、自社の社員への健康維持・増進にも力を入れています。

その具体例の一つとして社員食堂の設置があります。

「おいしく、お腹いっぱい食べていたら、知らないうちにやせていた」

をコンセプトにおいしく、健康的なメニューを揃えていて、映画のモデルにもなったほどです。

そのタニタ食堂の健康的なメニューは話題になり、社員以外の方でも食べられるように飲食店の展開やレトルト食品の販売を行うようになったのです。

今回はそのタニタ食堂さんから販売されている「タニタ食堂の金芽米ごはん」を食べてみました。

スポンサーリンク

栄養成分表示(一食160g当り)

  • エネルギー 213kcal
  • たんぱく質 3.2g
  • 脂質 0.5g
  • 炭水化物 48.8g
  • ナトリウム 0.0mg

食品添加物は不使用です。

ちなみ金芽米とは精米方法による違いで、胚芽米の口当たりの悪いところだけを取り除き、白米と同じ口当たり、味と胚芽米に近い栄養分を維持したお米だそうです。

その為、低カロリーではありますが、栄養価は減っていません。

食べてみた

味は白米に近いですが、玄米っぽさが少し残っています。

甘味もしっかりしていて、穀物らしい味わいです。

炊き加減は柔らかめ、もっちりした食感が楽しめます。

ご飯自体の味もしっかりしているので、どんな食事もおいしくいただけそうです。

見た目は完全に精米されたお米と変わりません。

金芽は見た目の変化が無いようです。

コストパフォーマンス

おいしくヘルシーな金芽米ごはんなので価格は普通のものよりやや高め。

楽天では1パック当り146円です。

内容量も160g少なめで食べすぎ防止になりそうです。

量こそ少なめですが、味がしっかりしているせいか、満腹感があります。

下手に食べすぎるよりは、コストパフォーマンスはいいのかも。

おいしく食べて、痩せるというコンセプト通りの商品と言えるでしょう。

成績表

  • 味 :★★★★☆
  • 価格:★★☆☆☆
  • 総合:★★★★☆

健康志向とおいしさを両立したタニタ食堂のご飯です。

どうしても価格は他社の元比べると上がりますが、その分のメリットも多いと思います。

食べるものはきちんとしたものを使いたい、子供さんの食事に気を使うお母さんにもおススメです。。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする