サトウのごはん 発芽玄米ごはん

SNSフォローボタン

フォローする

発芽玄米とは玄米をぬるま湯につけて、1㎜ほど発芽させたものです。

なぜわざわざ発芽させるのか、というと発芽させることでもともと高い玄米の栄養価がさらに増加すること、と発芽時の酵素の働きで消化吸収しやすくなるそうです。

ちなみに一般に流通している発芽玄米はその後、加熱処理をしているのでそれ以上芽が成長することはないそうです。

最近では玄米を発芽させる機能がある炊飯器もあるようですね。

そんな注目の発芽玄米ですが、もちろんサトウのごはんのラインナップにもありました。

というわけで今回はサトウのごはん 発芽玄米ごはんをいただきます!

スポンサーリンク

栄養成分表示(一食150g当り)

  • エネルギー227kcal
  • たんぱく質 3.9g
  • 脂質 0.9g
  • 炭水化物 51.3g
  • ナトリウム 0mg

まずは気になる栄養価。

150gとお茶碗一杯分程度の量です。

白米と比べると脂質は低めです。

食べてみた

実際に食べてみましょう。

しっかり玄米が入っているのがわかりますね。

食感や味は白米そのままな感じです。

非常に食べやすいと思います。

玄米はどうしても殻の食感があるのですが、さすが発芽玄米と言ったところでしょうか、違和感がありませんでした。

香りは少々玄米っぽい香りがしますが、気になる程ではありません。

玄米っぽさが苦手な方でもおいしく食べられると思います。

コストパフォーマンス

サトウ食品の公式では1パック194円程度で販売されていました。

発芽玄米は一度発芽させる工程が必要なのでコスト面では白米よりも高くなります。

ですが白米と比べてもそこまで高いという印象はありませんね。

成績表

  • 味 :★★★★☆
  • 価格:★★☆☆☆
  • 総合:★★★☆☆

白米と変わらない味と食感は逆に意外でした。

玄米が自己主張をあまりしていないので、おかずを選ばずに食べられると思います。

しかし玄米以上の栄養価含まれビタミンB1やミネラルなど白米には含まれない栄養も摂取できるのでお得感がありますね。

是非、発芽玄米をサトウのごはんでお手軽に味わってみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする