サトウのごはん スーパー大麦ごはん

SNSフォローボタン

フォローする

今回はサトウのごはんの新商品。スーパー大麦ごはんを見つけてしまいました。

なんでもパーリーマックス(スーパー大麦)が20%配合されたごはんだそうです。

オーストラリア政府が開発したパーリーマックスですが、日本ではテレビで紹介されるや否や帝人が販売しているスーパー大麦グラノーラが完売の連続だったという注目アイテム。

そもそも大麦そのものが健康にいいというのはよく言われていることではありますが。

じゃあこのパーリーマックス、普通の大麦とどこが違うのか。

まずはその食物繊維が普通の大麦の2倍!

中でもレジスタントスターチと呼ばれる消化に時間がかかる食物繊維はなんと4倍も含まれるんです。

消化に時間がかかるので腸の奥の奥まで届くというスグレモノなんだそうです。

そんなパーリーマックス入りのごはんを食べてみました。

スポンサーリンク

栄養成分表示(一食150g当り)

  • エネルギー201kcal
  • たんぱく質 4.1g
  • 脂質 1.4g
  • 炭水化物 45.8g(糖質40.8g 食物繊維5.0g)
  • ナトリウム 0mg

まずは気になる栄養。

150gとお茶碗一杯分程度の量ではありますが、注目はわざわざ記載されている食物繊維。

150gのごはんのうち5gが食物繊維です。

白米の150g中の食物繊維含有量は0.75g程度らしいので白米と比べると6倍以上の食物繊維が入っています。

またサトウのごはんは無添加、しかも新潟県産コシヒカリ使用です。

食べてみた

実際に食べてみましょう。

納豆ご飯かな?

と思うような大麦の存在感。

スーパー大麦20%と書いてありましたが、それ以上に結構な量入ってそうなファーストインプレッションです。

そんな大麦は味にもすごい存在感。

米の味より麦の苦味が全開で、好き嫌いがものすごく分かれそうです。

すごく濃いめに抽出した麦茶でお米を炊いたぐらいの麦味です。

個人的にはちょっと食べ続けるのは難しいというのが正直なところ。

良薬口に苦しというか、あくまでも健康食品として食べるものかなと思いました。

コストパフォーマンス

サトウ食品の公式では通販してませんでした。

ほかのショップでは1パック205円程度で販売されていました。

さすがに高級感ある価格帯です。

成績表

  • 味 :★☆☆☆☆
  • 価格:★★☆☆☆
  • 総合:★☆☆☆☆

正直お米として食べるのは難しいと思いました。

ちょっと麦の苦みが強いので、おかずなどで味をごまかさないと、頂くのは厳しい。

それでも白米の6倍以上の食物繊維が摂取できるので、たまに一食このスーパー大麦ごはんにしてみるといいかもしれません。