サトウのごはん きらら397

SNSフォローボタン

フォローする

お米の銘柄はたくさんあります。

コシヒカリ、あきたこまちなど全国的に有名なブランド米や福岡県の元気つくしや夢つくしなど、新しい品種などなど、お店でもたくさんあって迷ってしまいますよね。

サトウのごはんにはコシヒカリ以外にの銘柄を使用したパックご飯もあります。

今回はその中からきらら397を使用したパックご飯をご紹介します。

きらら397は北海道産の品種です。

きらら397の登場で北海道のお米はあまりおいしくないイメージを一気に払拭した、と言われます。

今でこそ「ななつぼし」や「ゆめぴりか」などおいしい北海道のお米がたくさんありますが、その元祖と言えるのが「きらら397」なんですね。

スポンサーリンク

栄養成分表示(一食200g当り)

  • エネルギー 284kcal
  • たんぱく質 6.2g
  • 脂質 0g
  • 炭水化物 63.4g
  • ナトリウム 0mg

安心の無添加です。

サトウのごはんは無添加なのがうれしいですよね。

食べてみた

出来上がりはこんな感じ。

一見、コシヒカリと区別がつきません。

実際に食べてみると違いに気づきます。

まず、味はきらら397の方がずっと甘味が強いです。

すっきりとした味のコシヒカリとは対照的です。

レンジの時間やお米の状態がたまたまそうだったのかもしれませんが、コシヒカリに比べてご飯粒がしっかりしています。

食べ比べるとわかるくらいに味が違います。

コストパフォーマンス

サトウ食品の公式では1パック当り162円です。

内容量は200gとお茶碗多めに一杯分ではありますが、やや高価な印象です。

生産量の関係なのか、他のショップを確認しても大きく価格が変わらないか、かなり大量のセットでないと同じくらいの価格です。

成績表

  • 味 :★★★★☆
  • 価格:★☆☆☆☆
  • 総合:★★★☆☆

味はさすがのサトウのごはん、コシヒカリとまた違った味が楽しめます。

ただ価格が気になるところです。

ちょっと他のものに比べると高すぎる気がします。

きらら397を時々手軽に食べたい、パックご飯を食べるならおいしいご飯を食べたい、という方にはおススメです。

いつもと違う北海道の元祖おいしいお米を手軽に楽しむいい方法かもしれません。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする