アルファ米ってなに?簡単に食べられる仕組みを紹介

SNSフォローボタン

フォローする

最近はコンビニでもお湯だけで食べられるリゾットや雑炊などが多くみられるようになりました。

カップめんのように簡単にすぐ食べられるのはうれしいですよね。

しかしなぜそんなことができるのでしょう。

生米を食べようと思えば当然炊かなければいけませんが、

その工程も包装米飯のようにレンジや湯せんでの加熱処理も不要なのです。

その理由はアルファ米(アルファ化米)が使われているからなんです。

スポンサーリンク

アルファ米ってなんだ?

そもそもアルファ米というのをご存知ですか?

熱湯や水と混ぜるだけで簡単に食べられるお米のことなのです。

商品化されているものとしては「カレーメシ」シリーズが一番有名でしょう。

カレーメシで使われているアルファ米

アルファ米はカップラーメンのようにお湯だけで食べることができるようになるというのが特徴です。

その仕組みは単純で一度炊飯したご飯を乾燥処理していているのです。

なので水分をもどしてあげると食べることができる状態に戻るのです。

一度炊飯することで米のでんぷんをやわらかく糊化するのですが、

この糊化をアルファ化と言います。

このアルファ化された状態を乾燥していても維持しているお米、ということからアルファ米、正しくはアルファ化米と呼ぶのです。

アルファ米の活用

さてこのアルファ米なのですが、ただのインスタント食品の範囲を超えてその活用が期待されています。

まずは災害時の食料としてです。

非常食として

非常食として優秀な理由

保存期間が3年から5年と長いことから非常食として非常に優秀なのです。

その理由は以下の通りです。

  • 炊飯に比べ少ない水で調理できる
  • 保存期間が包装米飯の10カ月を超える3年から5年
  • アルミ蒸着や箔のフィルムでパックされていることから場所を取らない
  • 食器が無くても食べることができる

パックに収まるだけの水で済むので、炊飯に比べ水の消費が抑えられます。

災害時にガスや電気、水道などライフラインが不通になってる状況を想定しなければいけません。

そんな時も備蓄している水だけでご飯が食べられるようになります。

またパックのまま食べれば、食器も不要なので食器が洗えなくて不衛生、ということもなくせます。

またパックはアルミ製で一食分ずつ包装されている場合が主なので軽く、場所を取りません。

パックご飯と比べて保存期間も長く買い置きの手間が抑えられます。

定期的に備蓄している非常食の賞味期限をチェックして期限が近かったら、食卓へなんてことも多いのではないでしょうか。

5年も保存期間があれば、こうした手間も少なくて済みます。

実際に防災グッズサイトでも紹介されています。

http://disasterprevention.site/

キャンプ、登山のお供として

つづいてアウトドアのお供としてです。

  • パックが軽量かつ場所を取らない
  • 炊飯しても洗い物、ゴミがパックだけで済む
  • 調理が飯盒炊飯に比べ、非常に楽

これは先ほどの非常食としてもいい理由としても上げましたが、パックそのものが軽く、省スペースなので、持ち運びにも便利です。

調理も水、もしくはお湯を入れて待つだけなので火加減の調整などもいらず簡単です。

そして近年では山登りやキャンプ時に出るゴミが問題になっています。

しかし、アルファ米のパックなら洗い物の心配もなく、パックだけで済むので持ち帰りも簡単で環境的にも優れていると言えそうです。

コスト面

一方で価格は包装米飯よりも高価に感じますが、5年の保存期間を考えると

決して高価とは言えないと思います。

まとめ買いすることで比較的安価に購入することもできるので非常食として

備蓄する場合はまとめ買いをお勧めします。


こちらはアルファ米製品のメーカーとしては有名な尾西食品さんの

防災セットです。12食入りで3600円程度なので一食300円ほどです。


36食でも1万円ほどなの家族で準備しておくにはちょうどいいかもしれません。

味のバリエーションも豊富

最近は白米だけでなく、たくさんの商品があります。

調理法の関係から白ご飯よりもリゾットや雑炊などがインスタントとしては多いですが、

先ほど紹介した尾西食品さんのセットにはチキンライスや五目御飯など12種類も味がありました。

日清食品のカレーメシなど味をいろいろと出している商品もあります。


カレーメシやぶっこみ飯シリーズもこれからどんどん新商品が出てきそうです。

まとめ

今回はアルファ米についてみてきました。

パックご飯よりも非常食向きなアイテムですが、いかがだったでしょうか。

非常食としてまとめ買いしてそのままにできるというのは魅力的に感じました。

アウトドアにも向いているのでこれからのキャンプシーズンにはもってこいですね。

味もおいしいので是非一度お試しください。