日清 欧風カレーメシ バター&ビーフ

SNSフォローボタン

フォローする

カレーはインド料理というイメージがありますが、日本で食されているカレーライスは実はイギリスから輸入されたヨーロッパ風のものなんです。

かつてインドを統治していたイギリスからイギリス料理として伝わったものがカレーライスになったと言われています。

ちなみにこの時、イメージだけでカレーを再現しようとしたものが肉じゃがになったという話もありますね。

というわけで、日本で好まれるカレーは欧風のものなんじゃないかと。

というわけで今回のカレーメシは欧風カレーです。

パッケージによると、バター&ビーフということで、カレーとバターは相性がいいので期待感がばっちりです。

早速見ていましょう。

スポンサーリンク

栄養成分表示(一食103g当り)

  • エネルギー 451kcal
  • たんぱく質 6.3g
  • 脂質 15.1g
  • 炭水化物 72.5g
  • ナトリウム 970mg(食塩相当量2.5g)

他のカレーメシと同じような数値です。

大差ない。

アレルゲン

  • 乳成分
  • 小麦
  • 大豆
  • 豚肉
  • 鶏肉
  • 牛肉
  • ごま
  • りんご

アレルゲンはちょっと多めでしょうか。

ごまが使われてるんですね。

ごまアレルギーの方は注意してください。

食べてみた

ふたを開けるとすごいバターの香りが!

結構バター多めかもしれません。

お味の方がバターのおかげですごくマイルドな口当たり。

と思ったらじわじわと後に残る辛さが追いかけてきます。

ビーフカレーが甘口ならこちらは中辛くらいでしょうか。

辛口好きな私としては大変よろしいお味です。

具も大きくて食べごたえもgood!

個人的なおススメは作り方の時間よりもちょっと長めに置いておくこと。

しっとりしてカレーライス感が増します。

コストパフォーマンス

この手のインスタントは価格も心配です。

1つ当り192.1円です。

スーパーを含めても、大体この価格帯に落ち着きそうですね。

やはり、炊き込みご飯を含めたパックご飯と比べると高価格ではあります。

成績表

  • 味 :★★★★☆
  • 価格:★★★☆☆
  • 総合:★★★★☆

結論としてバターやチーズなど乳製品はカレーと相性が良いです。

非常においしいと思います。

個人的にはバター&ビーフにチーズを乗せたいと思います。

カロリー大爆発ですが。

辛さも後から追いかけてくる感じがすごく良いです。

カレーメシシリーズの中では一番万人受けしそうなお味だと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする