マルちゃん ふっくら赤飯

SNSフォローボタン

フォローする

今回も変わり種。

マルちゃんのバリエーション豊かな商品ラインナップから今回は赤飯をご紹介します。

赤飯とはおこわの一種で、もち米に小豆、または大角豆を炊き込んだものです。

お赤飯といえばお祝い事というイメージがありますが、栄養価が高い為ので非常食としても優秀です。

レトルトごはんにピッタリです。

スポンサーリンク

栄養成分表示(一食160g当り)

  • エネルギー 291kcal
  • たんぱく質 5.4g
  • 脂質 0.6g
  • 炭水化物 66.1g
  • ナトリウム 400mg(食塩相当量1g)

添加物はありません。

マルちゃんの赤飯は小豆を使用しています。

栄養価は200gの白米と同じくらい。

赤飯はやはり栄養価が高かった。

食べてみた

味付けは食塩と小豆のみだけです。

添加物も入ってないのでいわゆる素材の味を感じます。

もち米なので当然のもちもち感と小豆の味がはっきりして、美味しいです。

日頃、赤飯を食べることは少ないと思いますが、たまに食べたくなる味です。

栄養価も高く、おかずなしでもおいしくいただけるので非常食にもってこいなのでは。

割と小豆は少なめです。

コストパフォーマンス

東洋水産の公式での小売希望価格は160円(税抜価格)

税込だと172.8円です。

実際はもっと安く買えるお店の方が多いと思います。

3パックセットなどで見かけることは少ないのですが、ネットのまとめ買いでは価格が下がります。

楽天で調べました。こちらによると1パック104.6円。

かなり安価になります。ネットショップすごい。

数日分買っても良さそうです。

成績表

  • 味 :★★★☆☆
  • 価格:★★★☆☆
  • 総合:★★★☆☆

添加物も入ってませんし、赤飯としては価格も問題なし。

保存食として2日分くらいは置いておきたいですね。

白米と合わせて置いておけば、一人暮らしの方が病気したときなんかに使えそうです。

砂糖やゴマ砂糖をかけて秋田県の一部や徳島県鳴門風にして食べたり、里芋の煮物を乗せて福井県っぽく食べても美味しいかもしれません。

各地域毎に食べ方に特徴がある赤飯。

ちょっと一手間加えて、地元の味を体験してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする