パックご飯はそのまま食べても大丈夫?レンジを使わない食べ方をご紹介

SNSフォローボタン

フォローする

みなさんご存知の電子レンジでチンするだけで簡単に暖かいご飯を食べることができるパックご飯(包装米飯)、便利ですよね。

でも停電やアウトドアなど電子レンジが使えない状況ではどうやれば食べればよいのでしょうか。

最近ではアルファ化米と呼ばれる水、お湯をかけるだけでまるでカップラーメンのように食べることができるご飯も多く販売されています。

アルファ化米についてはこちらの

しかし、このアルファ化米も水が無ければおいしく食べることは難しいです。

今回は災害時だけでなく、車中泊、アウトドアでもパックご飯が便利に使える方法、つまり電子レンジが使えない状況でも食べることができる方法や調理法を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

パックご飯をそのまま食べることはできる?

まず、そもそもパックご飯やアルファ米をそのまま食べることはできるのでしょうか。

結論から言うと、食べることはできます。

単純に食べるだけならば、どちらも加熱調理されたお米なので生米とは違って そのまま食べて問題はありません。

しかし、どちらもぱさぱさしておいしさは全くと言っていいほどありません。

可能な限り、加熱や水分を加えて食べるようにしてください。

その調理法についてみていきましょう。

やっぱり温めないとおいしくはない…

レンジを使わないパックご飯調理法

電気、ガスなしでパックご飯を食べる場合

つぎは災害時など電気、ガスが不通の場合に食べる場合です。

以前にこちらの記事でホッカイロを使用してパックご飯を温める方法について詳しく紹介しています。

このホッカイロを使用する方法は、防災パックと違って水を使用しないので、災害時には知っていると便利だと思います。

簡単にご紹介しますと

①ホッカイロを開封し、揉むなどして発熱させる
②パックご飯の表裏にホッカイロを置き、タオルで巻く
③そのまま10分ほど待つ

これだけで暖かいご飯が食べることができるようになります。

パックご飯をそのまま調理する

こちらは災害時というよりはアウトドアやずぼら飯感のある方法です。

各メーカーでも紹介されている方法ですが、炒めてチャーハンにする、もしくはお湯に入れてお粥にする、お鍋などに入れて雑炊にする、という方法です。

それぞれについてみていきましょう。

雑炊にする おススメ度★★★

これはお鍋の締めにも使える方法です。

方法は簡単で、お鍋などの汁にそのまま、ドボンとパックご飯を入れてしまうだけです。

お手軽だし、おいしく食べることができます。

これはアウトドアなどでも簡単なので、大変おススメです。

お粥にする おススメ度★★☆

こちらも簡単な方法です。

風邪をひいてしまった時にも手間なく食べることができる方法です。

こちらの記事でも紹介していますが

①鍋に水を張り、加熱していないパックご飯をそのまま入れます。
②水が沸騰してきたら「の」字を書くように底から混ぜます。
③混ぜたら、とろ火にし、鍋蓋を少しずらして置きます。
④10分ほど加熱したら、火を止め蓋をしっかりして5分ほど蒸らします。
⑤出来上がりです。

お好みで塩を加えても良いです。

チャーハンにする方法 おススメ度★☆☆

こちらもよく紹介されている調理法です。

①フライパンを熱し、サラダ油(ごま油も可)をまわし、溶き卵を入れます。
②卵に火が通り、半熟になったら、未加熱のままのご飯、焼豚を加え炒めます。
③塩コショウ、醤油で味を調え、さらに炒め合わせる。

正直、チャーハンはパックご飯をそのまま調理する、というのには向かないと思います。

そのままだとだまになりやすくパラパラとした炒飯にはなりにくいです。

おいしく調理するためには一度、レンジなどで加熱したご飯で調理することをお勧めします。

まとめ

今回はパックご飯の調理法としてレンジを使わない調理法をいくつかご紹介しました。

パックご飯はうまく使えば、食材としても便利なものです。

災害時の備えとしても、少し楽においしいものを食べる方法としても、パックご飯はおススメです。

一食分に量も調整されているので、一人暮らしの方には便利ですし、

洗い物も少なくて済みます。

是非一度試してみてください。