テーブルマーク からだシフト ごはん 大麦入り

SNSフォローボタン

フォローする

さて今回は三菱食品の健康食品ブランド「からだシフト」から大麦入りご飯を紹介します。

以前から主にローソンの店頭で見かけていて気になっていたのですが、

糖質コントロールを目的にしているご飯ということで健康そうですが、肝心の味はどうなのでしょうか。

スポンサーリンク

からだシフトとは

そもそも「からだシフト」ブランドとはなんなのでしょうか。

まず糖質制限をしようというというのが目的のようです。



人間に必要な栄養素としてタンパク質、脂質、炭水化物のいわゆる「三大栄養素」があるが、このうち炭水化物は糖質と食物繊維で構成される。さらに糖質は糖類や多糖類などに分類される。糖類は単糖類と二糖類の総称で、単糖類は果物に多く含まれる果糖やブドウ糖などを、二糖類は砂糖や牛乳に含まれる乳糖などを指す。一方の多糖類は複数の単糖類がつながったもので、でんぷんやオリゴ糖などが代表的。糖質は1gあたり4kcalとなる。


糖質の摂取量は1食あたり20〜40g、
1日70〜130g以内に抑えよう


https://karadashift.jp/about/carbohydrate  からだシフトHP

ついつい取りすぎてしまう糖質をおいしく、簡単に緩やかに制限していきましょう、というのがコンセプトのようですね。

この緩やかな糖質制限を「ロカボ」と言うそうです。

パッケージも緑を基調としていてなんだかヘルシーな印象

そのロカボを実践するために35%カットしたご飯がこの商品なんだそうです。

栄養成分表示(1食150g当り)

  • エネルギー 163kcal
  • タンパク質 2.9g
  • 脂質    0.5g
  • 炭水化物  39.2g
  • 食塩相当量 0mg 

この数字はかなり驚異的です。

同じ150gのサトウのごはん「麦ごはん」と比較してみましょう。

  • エネルギー210kcal
  • たんぱく質 4.2g
  • 脂質 0g
  • 炭水化物 47.7g
  • ナトリウム 0mg

低カロリーかつ低たんぱく、何より炭水化物が少ないところに目が行きます。

これだけヘルシーなら健康的な食生活も簡単に実現できそうですね。

早速頂きましょう。

食べてみた

食べ方は普通のパックご飯と同様レンジでチンするか、湯せんで温めるかのいずれかです。

あんまり麦の自己主張がありません。

今回はレンジで温めました。

蓋を開けたときの香りはごくごく普通のごはんと言ったところ。

麦もあまり目立っていないので、白米かなと一瞬感じるほど。

少しお米の味は弱めに感じますが、糖質カットの効果なのかもしれません。

また食感に大麦の感じはありましたが、こちらも気になるほどではありませんでした。

全体的に白米として食べても違和感がなく、麦ごはんが苦手な方にもおススメできます。

コストパフォーマンス

続いて気になるのは価格面。

楽天市場で検索したところ3食セットで540円というのがありました。

1食当り160円ほどでパックご飯としては平均的な価格帯。

これで食生活が改善できるならむしろ安いくらいかもしれません。

総合評価

  • 味  ★★★☆☆
  • 価格 ★★★☆☆
  • 総合 ★★★☆☆

味は白米に近く食べやすいです。

炊き加減はやや硬めかもしれませんが、平均的な食感でした。

価格も平均的なので、いつものごはんを置き換えてもそこまで負担にはならなそうです。

そして何より糖質カットができるので、食生活のことを考えればとても便利かもしれません。

ちょっと最近お腹が気になる方や「ロカボ」に興味がある方は一度召し上がってください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする